赤坂

昨日は黒猫保険屋さんを訪ねてきた。彼のブログの中で何度も登場した赤坂という店へ初訪問。そんな個人的な事を書き留めておく。
  
朝起きたところ、天気がハッキリしない。天気だけでなく暑さもハッキリしない…。とりあえず、部屋の掃除と洗濯を済ませ、忘れ物のPCとデータを取りに会社に向かった。何件かのメールに返事を返し、天気の様子をうかがっていると、雨になりそうな気配がプンプンとする。福岡市内と大分市内が降っていなくても、大分道の山間は怪しそうだ。このため、電車か高速バスかを選択しに博多駅に向かう。どうやら高速バスの方が安く早そうなので、高速バスに乗り込む。道中、窓の外を眺めていると、バイクで走っている時と目線の高さが違うせいか、景色が遠くまで見える。

大分に着き、キョロキョロと宿泊先にできそうなサウナやカプセルを探していると、直ぐ脇にスルスルッとレガシーが止まり、悠ちゃんが迎えに来てくれた。助手席に乗せてもらい、いざ赤坂へ。少し郊外にある赤坂は素敵な店構えで、とりあえず写真を撮る。さて、店に乗り込むか…と思ったときに、一緒に写真を撮ろう…と声をかけられ、iPhone4*1の自慢を食らわされた。

店の暖簾をくぐると、適度な広さで心地良い座敷が広がり、BIGINの曲が流れ続けている。料理もお酒も美味しく、こういう店が至る所にあれば良いのに…等と感じてしまう。お酒の席での会話なので細かい話は割愛する*2が、会話は多岐にわたり、リアルで会うのが3度目だというのを忘れてしまうほど…。なぜココまでの会話が出来るのか不思議に感じつつも時間が立つのを忘れ、楽しい時間を過ごした。*3

25時過ぎにお店を出て、タクシーで大分駅方面へ。運転手に「カプセルやサウナって無いんですかね?」と尋ねると、「ここ最近はネットカフェばかりで、カプセルやサウナは無くなっちゃいましたね。居酒屋もチェーン店ばかりで…」と哀しい回答が…。悠ちゃんが、ブログやtwitter上で呟いている事が少し解った気がする。だんだんと過疎化が進んでいるようだ。そろそろアメリカではなくヨーロッパ諸国を参考にして中央集権主義から地方分権に切り替えていくべきなのだろう…。そんな事を考えながら、サウナがあるホテルへ。フロントに行くと「そう言うのは、もうやってないんだよ…」という哀しい返事。でも、そこからが交渉の始まりで、サウナの休憩室で良いから…と粘ってみると、朝まで1,000円で泊めてくれた。もちろん、お風呂(温泉)には入りたい放題(笑。温泉は肌に優しく、湯上り後も肌にヌメヌメ感が残り保湿効果がありそう。そして、休憩室には誰も居ないので、自由気ままに少し仮眠を取り、高速バスに乗り込んで帰ってきた。また、近いうちに遊びに行こうと思う。悠ちゃん、また遊んでね。
  
追伸:
来週、8日(金)は、omoonが大分に来る様子。僕は有楽町に出没します。時間があって有楽町に来れるモノ好きな方は是非メールください(笑。

*1:最近、身近にもiPhone4を導入した者がおり、少し羨ましいぞ…等と思いつつも、天邪鬼な僕は決して買うものか!と決意している。iPhone5になったら買うかもしれないけど…(笑

*2:強いて言えば、格好良い大人になりたい…って話が中心だったかな?

*3:そうそう、飲み始め早々に、悠ちゃんのiPhoneが鳴り、下川さんから電話を頂いた。下川さん、ありがとうございます。楽しい時間を過ごしましたよ!