コンプレックス

人は考えていることを言葉に代えて伝達する
相手は言葉を何かしらに変換して認識する
当然、変換する際にロスは発生する
車のように・・・
100%の伝達率が施せたら素晴らしく高効率なものができるだろう
人も同じなのかもしれない
  
僕はコンプレックスの塊
何でもこなせる人や、いつでも明るく居られる人を羨ましく思う
そう、僕は素直に全ての人にコンプレックスを持っていると言える
そして負けず嫌いになってしまう・・・
ただ一人、毎日夜中に会社に居ると、全てのものが妬ましく見える
好きで仕事してる訳じゃない
でも、代わりが居ないから頑張るだけ
  
神経も体重も磨り減ってるのはわかるけど逃げたくない
やっぱり負けず嫌い・・・
年始から年度末もそうだった
そして、今はそれが続いている
  
弱音ではない
言い訳もしない
大きな勘違いも、ふざけた言動も僕が行った事だ
  
それによって迷惑を被った人は申し訳ないと思う・・・ごめんなさい。