TPM

  
TPM(Total Productive Maintenance) = 全員参加の設備保全/総合生産保全
  

  • 主に製造業で導入されている全体的設備管理手法。生産設備のライフサイクル全体を対象とし、生産効率を阻害するロスの発生を未然に防止する事を目的とする。
  • 人・設備・企業の体質改善を図る総合的活動を言う。

  
ちなみに、日本プラントメンテナンス協会では以下のように定義している。

TPMとは(日本プラントメンテナンス協会)
TPM(Total Productive Maintenance「全員参加の生産保全」)とは、社団法人日本プラントメンテナンス協会によって1971年に提唱されました。
TPMは、「生産システム効率化の極限追求(総合的効率化)をする企業体質づくりを目標にして生産システムのライフサイクル全体を対象とした"災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ"などあらゆるロスを未然防止する仕組みを現場現物で構築し、生産部門をはじめ、開発・営業・管理などのあらゆる部門にわたってトップから第一線従業員にいたるまで全員が参加し、重複小集団活動により、ロス・ゼロを達成すること」、と定義されています。

  
これは、アメリカの生産保全(PM:Productive Maintenance)を基に展開したものの様子。自動車業界で行われていたQC活動に似ていると思う。