弱り目に祟り目

昨日のこと…。ちょっと、デモ(営業)をしに出張した。
体が少し重かったが、前日の夜に軽く飲んだ*1ので、そのせいだろうと思っていた。しかしながら、デモ中は、言葉が浮かんでこず、さらには言葉をよく噛んでしまった…。”最悪だ…”と反省しながら帰ったのだが、体は火照り汗が引かないため、資料だけ持って帰宅…。家で体の火照りを冷やすために水を浴びた。水で体を冷やすと、少し落ち着いたので、資料を広げ仕事を始めたものの、汗が止まらず手が痺れてくる。
”これが話題の熱中症ってやつだな!”そう思い、隣のコンビニでポカリと体温計を購入。部屋に戻り体温を測ったところ、38度を突破…。その瞬間に自分がダメだという意識に陥りダウン。今朝起きて、昼間では部屋で仕事をしたものの、午後は沈黙…さっき起きた(涙。

”病は気から”と言うが、弱り目に祟り目な1週間。週末は門司港の方に足を伸ばそうと思っていたが、沈黙して過ごすこととする。

*1:先輩を先週末に怒らせてしまったので詫びを入れに行く必要があった…という言い訳…