聖地巡礼(その3)

なんだかストレスが溜るので、週一でソロのロングに出る。複数台でのロングの楽しみ方もあるけど、自由気ままにフラフラするのが僕の性にあっている。
今回は宮崎。先日、陽ちゃんが来た時に「高千穂峡に行く」と言っていたのが心に残っていた。高千穂に何があるのだろう…と調べてみると、天岩戸神社があることを知った。天岩戸は出雲か奈良近辺にあるのだろう…という勝手な思い込みがあったので、現地に赴き記憶に留めることにした。
  
という訳で、まずは天岩戸神社へ。鳥居が朱塗りされていないのが美しい。

  
石灯籠も自然のままで、木々から苔をもらって生きているみたいだった。さり気なく、知の象徴である梟が居るのも可愛らしい。


  
天岩戸は申込みが必要だったので、人の流れに乗って、神々が相談したとされる場所へ赴く。

自然が残る、とても美しい場所にあった。

  
参拝を済ませた後、近所で高千穂牛丼と南蛮バーガーを食べた。食事処で目にしたポスターでは知事が観光スポットに宣伝していたのだが、変に観光地としての都市開発をせず、現在のままの自然を残し、ヒッソリと、そして厳かに在り続けて欲しいと思う。
  
昼食の後、阿蘇から久住高原を抜け、別府温泉へ向かった。
SAから望む別府湾

  
熱海に来たのかな?という印象が強かったので、とりあえず明礬温泉で一風呂浴びて帰ってきた。思いつきで向かったため、帰ってから調べてみると、なかなかに奥が深い温泉地っぽい。今度は1日ゆっくりと別府温泉巡りをしてみようと思う。