伝える事と信じる事

自分の考えていること、すなわちイメージしているものを正確に伝える事は、とても難しい事である。比喩や表現の言い回し、論理展開、その他諸々の手段を駆使して伝達を試みている訳である。そして、それらが正しく伝わる為には、相互の信頼関係が前提となっていると感じる。それは、伝えられる側が伝える側を信用しているかどうか?が前提になるのではないか…と言う事だ。
言葉を通じて考えていることを伝達する場合、大きく正しいこと(本当のこと)と正しくないこと(嘘のこと)を伝える可能性がある。ここで、伝えられる側にも正しいこと(本当のこと)として聞く姿勢と、正しくないこと(嘘のこと)として聞く姿勢があり、これらが各々と結びつくことが考えられる。そうなると、正しいことを伝え正しく聞いてもらえる可能性は大きく1/4になってしまうのではないか?そんな風に考えてしまった。
現実的には、それらの状況や伝達する者同士の信頼関係など、様々な外的要因を考慮する必要があるが、自分の考えを正しく伝えるのは難しいものだなぁ…と心から感じる。はてさて、自分は他人に正しく聞いてもらうための努力をしているのだろうか?それを心に留めて生活を送ることが何よりも先立つことなのかもしれない。