2009年のまとめ

今年は書かないつもりでしたが、やはり反省点を含めて…
  
昨年の抱負は以下の通りでした(Ron's Backlogより)

  • なんだかんだと仕事します。(←これについては後半で)
  • 仕事などの日常とは別のレイヤで、何か1つの結果を出そうと思ってます。その1つが何か?ってのは決めてません。
  • 勉強の注力配分を英語にシフトします。英会話学校に行くのは断念しましたが、情報系の勉強は英語を勉強すれば付いてくるなーと思うので時間配分を変えてみます。
  • 情報系か経理系の資格を1つでも取ろうかと思います。なんだかんだと資格は大事ですから。

結果は、50〜60%程度でしょうか…
仕事ばかりしてました。資格は取得できてませんが、後一歩ですので年末年始返上で勉強してます…。日常とは別のレイヤでの結果は出てきてます。フリーで仕事をすると言う楽しみは、自由にやりたい事を行えるのに対して責任を持たなければなりません。時間的制限がある中で、責任を全うするのは難しいですが、少しこちらにシフトしても良いかな?と思ってます。また、仕事のプロジェクトも風呂敷を広げ過ぎてしまったので、破れてしまわないように繕っていかなければなりません…大変です。英語に関しては技術文献を読める様になったので、別に良いかな…と言ったところでしょうか。個人的には今年の英語には良い思い出が無いのと、筆記試験の時に文章力が低下していることを実感したので、もっと日本語能力を磨く必要があると感じています。特に、エンドユーザとSIerの間を仲介するAdministratorとしての通訳能力を高めていく必要があると感じた1年でした。
  
また、昨年の決意は以下の通りでした(Ron's Backlogより)

  • 会社の組織編成に口を出します。一般社員が言うことではないのですが、後輩くんが腐っていくのは見てられないし、これ以上遅くなると情報インフラのリカバリが出来ないなーという危機感が募っているからです。現在の部署に引っ張ってくれた方々に対しては、謀反を起こす感があり、申し訳ないなぁ…と思ってボウズにしました。それと、僕にとっては初ボウズですから、それだけの決意がありますよ…って言う意思表示もあります。
  • 社内におけるイジラレキャラを卒業しようと思ってます。今までは、なるべく楽しく仕事をするために少々のことは笑って過ごしてきましたが、今年からはちょいキツメで行こうと。別に甘やかしてるわけではなく、今でも充分に厳しいことを言う人だったりしますが、脱力系から体育会系にシフトしてみよう…と無謀なチャレンジをします。なので、ボウズの次は角刈りになるかもしれません。
  • 英語の原書を3冊/年でチャレンジします。1冊当り約4ヵ月。良いペースかな…と。何を読むかは決めてませんが、気になった本を買ってみようと考えてます。これに伴いビジネス書のペースを落とそうと思ってます。最近のビジネス書は多岐に渡り面白いものが多いですが、やはり本質的な部分は変わらないなーと少し飽きているのも理由にあります。
  • 結局はびきさんの言うとおり「世界を広げること」に尽きます。

これらの決意も、ほぼ抱負に対する結果と同じです。英語以外は、ほぼクリア出来ていると思います。社内に対しては色々と口を出すようにしました。善し悪しは別にして*1、後輩を引き戻すことも出きたし、次年度の人事も色々と動きがあります。イジラレキャラはヒアリングキャラへと代わり、愚痴を聞く辛さはあるものの、頼られていると思い込むことで何とかやっていけそうです。後輩たちにはプレッシャーをかけ過ぎている点もありますが、その点は勘弁して欲しいなぁ…と、後輩の倍以上の仕事量をこなすように肝に命じ、それをクリアしてきました。公私混同しつつも頑張ってました…と言うことです。
  
びきさんの言っていた『世界を広げること』を、こっそりと行ってました。主に仕事絡みなのですが、世界を見て仕事をしている人たちと触れ合うことで、自分の小ささと視点設定の難しさを痛感している次第です。今年は、その方々を巻き込んでツマンナイことを始めます。地元の後輩くんにもアポを取ったので、どこまでできるか分かりませんが、ちょっと動きます。英語じゃないと…と言うのは聞き飽きたので、日本語のハンデを受け入れたものにしたいな…と思ってます。
この辺は、明日・明後日にでも、今年の抱負として考えてみます。
  
さて、みなさん良いお年を…
僕は仕事に戻ります(笑

*1:個人的には、居てくれて助かってますし、想像以上に成長していたのは驚きでした。また、結果を出しているので社内的にも評判は上々なので、かなーり安心してます。