ブラックペアン1988

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)

  
かすみ目が酷い中だけど読み終えた。
  
物語は、チーム・バチスタの栄光の前の物語。バチスタでは院長である高階先生と藤原元婦長が現役で活躍する。バチスタ以降の物語で主人公となる田口たちは学生として登場し、物語に親近感を与えていた。
  
医療業界のことは良く知らないのだけど、大学病院は白い巨塔などにあるように、民間企業以上に堅苦しそうな感じがする。ドラマや本の中では跳ね返りが活躍するが、現実は厳しそうだ。
しかしながら、このシリーズに出てくる登場人物たちは、自分の意思を保ちつつ、世渡りを上手にこなしていく。登場人物たちのキャラクタが活き活きと描かれていて、楽しい本だった。
  
正直に言うと、バチスタよりも面白いと思う。孤高の職人である渡海先生や、絶対的な佐伯教授、そして寡黙でタヌキだと思っていた高階先生が、真正面から患者と向き合い、それと共に病院内の権力争いを繰り広げる。ジェネラル・ルージュの凱旋に出てくる速水先生に、渡海先生の面影が残っていて、田口先生は高階先生の想いが引き継がれている。本編に登場する世良先生がいい味を出していて、想いを伝え引き継ぐことの大切さを教えてくれている。続きが文庫化されるのが待ち遠しい…。