上辺の言葉と信念と

最近、僕に降りかかってくる言葉が軽い
別に誰と言う訳でもないが…
結局、何をもって自分の姿勢を保つか?という点に尽きる
誰も彼もが人のせいにし、人の批判・批評を繰り返す
人をネタにし、嘲り笑っている
しかも陰で…
  
そんなにそう思うのなら、面と向かって言えばいいのに
面と向かって言えないなら、陰でも言わなきゃいいのに
こんな場で言ってる僕も変わらないのだけど…
  
この半年、本当にきつかった
僕の信念を、僕の気持ちを、降り注いでくる上辺の言葉が削いでいく
そろそろ上辺の言葉たちとも決別しないといけない
  
僕は僕の信念の下、自分のスタイルを貫きたい
世間体も、周りの評価も関係ない
空気が読めなくてもいい
僕が僕であるために、自分のスタイルを固辞し続ける
  
…と奮起しても、気持ちが続かない今日この頃…本当に疲れた