昔取った杵柄(NHKプロフェッショナル風・・・)

昔(と言うか今でも・・・)、副業をしていた
副業と言うと言葉は悪いけど、手弁当程度の微々たるものだが・・・
  
僕がインターネットと出会ったのは96年
まだモザイクやNetscapeが主流で、検索エンジンもチャチだった
夜な夜なISDN回線で接続し、画面が表示されるのを待つ日々が続いた
  
それから暫くしての事だから、98年頃の話
あるキッカケで某企業のウェブサイトを頼まれた
その企業は当時CMでソロバンを振りながら踊る社長に悩まされていた
目的は1つ
その踊る社長のサイトを超えること
  
その社長のサイトは、当時からFlashのムービーを多用していたので、見た目が楽しい
僕も初めて見たときは、その面白さに引き込まれてしまった
明らかに勝ち目は無い(笑
  
何日か考え続け、悩み続けた
問題を整理し続けた・・・
  
その頃のデータを見ると、以下の様にテキストに綴られている(抜粋)

  • Flashは楽しい。でも、後輩に頼めばお金がかかる。 → 自分の能力では出来ない。
  • Flashで構築されたサイトの弱点を探せ! → 回線が遅いんだから、軽くてちょっと楽しめる方が良いんじゃないか?
  • 一体感を崩すな。 → 全体に統一感を出さないと。デザインだけでなく文章も・・・。
  • なんで、このサイトを見るのか? → 目的は何か?自分だったら何を見る?

  
SNSCMS、ブログツールなどのサービスが充実しており、光回線が当たり前の現在では考えられない悩みだ
DOSの頃のプログラマが限られたメモリ領域を丁寧に使うように、表示速度、データ容量を考えながら悩みまくった・・・
  
で、思いついたのがシミュレーション
見に来た人は、自分が何をすべきかわかっていない
それを緩やかにガイドしてあげる仕組みを作ってあげよう・・・
ソフトウェア開発の原点に立って思いついた事だった
  
何処の企業とは言わないが、シミュレーションの名の下に、すごろく風に現在から目的達成までの線を引いてあげ、ポイントポイントで成すべきことを示してあげた
これなら画像とHTMLだけで実装できるので、後々の運用(更新)も楽だし、画像サイズだけ注意すれば遅い回線でも充分に用を足す
  
結果は上々だった
相手は喜んでくれ、ウケも良かったように思う
久しぶりにサイトを覗いてみると、当時の面影の欠片もないけど、そのコーナーは当時の名前で残っている*1
12年前のものが残っているのは本当に嬉しいものだ
ちょっと感慨深くなってしまうな
  
昨今のソフトウェア(携帯電話もそうだけど・・・)は多様な機能が実装されているが、実際に使う機能は少ないし、どう使って良いかもわからないものが多い
それが悪いとは言わないが、僕の中ではユーザを緩やかにガイドするメッセージなり、ガイドが必要なのだと考えている
最近ではDoCoMoiコンシェルと言うのを実装しているが、こういうのが必要なのだと思う
  
Appleは機能をデザインでガイドする事を徹底して考える
機能とハードウェア・ソフトウェアのデザインを一体化して考えていく・・・こういうトータルコーディネートが今のソフトウェア業界に必要なのではないか?
大事なのはソリューションを提供する事ではない
ソリューションを含めたトータルコーディネート、そして、個々のソリューションを緩やかにガイドしていく仕組みが重要なのだと考える
横文字を並べて合理的に考える事も必要だが、全体と個、森と木の両極端を捉え、緩やかに、そして時には強引にガイドしていく仕組みが、今のソフトウェアに欠けている*2
ユーザビリティやユーザーエクスペリエンスなど小難しい言葉で考えないで、ユーザの満足度を上げるためにどうしたら良いのか?を考えて欲しいなぁ・・・と思う
1ユーザとしての素朴な独り言として考えて欲しいな・・・
  
さて、自戒を含めたエントリも書いたことだし、そろそろ仕事するかぁ・・・

*1:コーナー名も僕が付けた

*2:もちろん、全てのソフトウェアがそうだとは言わないけどね・・・