Project(その6)

UIの問題は解決せずにレビューの日は近づく
支社の上司と協力会社さんとの板ばさみ
両方の言う事が正論であって、反論の余地はない
これは僕の力不足の結果なのだろう・・・
  
通訳としてのAdministratorは存在するのだから、板ばさみになっているのは通訳の力不足である事は明らかだ
経験値が絶対的に不足している・・・
  
支社に居る上司は、僕を育ててくれた(塾長と呼んでいた)上司と仲良しさん
頭も勘もいいし、説明も上手、そして敬愛する上司と考え方も似てる
  
久しぶりに路頭に迷っていた
帰り道、雨がパラつき始め、「久しぶりに濡れてもいいかな・・・」と思った
そう思うと、同じようなことが昔にあったことを思い出した
まだ、情報管理部門にいて、塾長に扱かれていた頃の事
  
そうか!あの時と同じだ
そう閃いたら、後は簡単だ
上司と対等になれるように努力するだけである
  
8年前の頃に気持ちを戻すだけ、簡単な事だ
7月から気持ちを入れ替える
高慢になっていた気持ちを、挑戦者の気持ちへ
  
久しぶりに塾長と戦える
それだけでも楽しいし、嬉しいじゃないか
明日から新たな気持ちで・・・