LCC

  
  
LCC = Life Cycle Cost(製品の生涯費用)。

LCC(Life Cycle Cost) -Wikipediaより抜粋-
ライフサイクルコスト(Life cycle cost)とは、製品や構造物などの費用を、調達・製造〜使用〜廃棄の段階をトータルして考えたもの。訳語として生涯費用ともよばれ、英語の頭文字からLCCと略す。
(中略)
費用対効果を推し量るうえでも重要な基礎となり.初期建設費であるイニシャルコストと、エネルギー費、保全費、改修、更新費などのランニングコストにより構成される。
ライフサイクルコストの低減を図るには、企画・計画段階から全費用を総合的に検討することが必要といわれる。

製品や構造物等を低価格で調達、製造することが出来たとしても、それを使用する期間中におけるメンテナンス(保守・管理)、保険料、長期的な利払い、廃棄時の費用までも考慮しないと、総合的にみて高い費用となることから生まれた発想。イニシャルコストのみならず、ランニングコストを含めた総合的な費用の把握は、近年における経営意思決定の常識となっている。

  
実際のところ、LCCの最適化を考えると、各設備の劣化予測が必要となる。この劣化予測の精度が上がらないと事後保全(故障してから修理する)となるか、過剰な予防保全になってしまう。
LCCを考えるためには、劣化予測の精度を上げていくしかない・・・。